本文へスキップ

愛知クリニック(愛知県豊橋市)は、透析・腎臓内科・シャント外来・内科の診察ができるクリニックです。

クリニック:TEL.0532-47-3663
介護部門:TEL.0532-48-7757

〒441-8034 愛知県豊橋市松村町48

腎臓内科nephrology

愛知クリニックでは、慢性腎臓病外来を開設しています。

慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)とは、慢性的に腎機能が低下している状態をさす病態です。日本の慢性腎臓病の患者数は約1330万人ともいわれており、当クリニックで力をいれて治療している疾患です。

慢性腎臓病が進行し、腎臓の機能が極度に低下した状態を腎不全といいます。腎不全が進行すると人工透析や腎臓移植が必要となります。現在、日本において人工透析を受けることになる原因疾患は、糖尿病性腎症(43%)が最も多く、次に慢性糸球体腎炎(23%)となっています。

慢性腎臓病の患者さんには、また、脳卒中や心筋梗塞などの心血管病が多いことも近年明らかにされました。具体的には、腎機能が低下すると出現するタンパク尿・アルブミン尿が心血管病を引き起こします。腎臓にやさしい薬を服用してもらって血圧を下げるなど、適切な治療によりタンパク尿・アルブミン尿を減少させると心血管病が減少することが分かり、大変注目されています。

慢性腎臓病に対する治療の目的は、
@人工透析が必要となるほどに腎不全を進行させないようにする
A脳卒中や心筋梗塞などの心血管病にならないようにする
の2点に集約されます。

生活習慣病の改善を含めた食事療法や薬物療法を早期から適切に行うことにより、透析療法や心血管病に至る可能性が低くなります。

食事療法を適切に行っていく為には、現在の状況を正確に把握することが重要です。その為には「24時間畜尿による危険因子の解析」を行うことが基本的事項となります。

腎生検などの検査入院が必要な方は、成田記念病院や豊橋市民病院に紹介しています。